青汁原材料【明日葉】栄養素を検証

明日葉

 

みなさんは青汁って知っていますよね?
すっかり健康食品としてもおなじみになった青汁ですが、
原材料にはいろいろな野菜が使われています。
ケールが一番おなじみの成分ですが、
中には明日葉という植物も使われており、これが非常に健康に良いと言われています。
今回は、明日葉に含まれる成分について検証したいと思います

 

明日葉ってどういう植物?

 

明日葉はセリ科のセロリの仲間で、日本原産の植物で、
主に伊豆諸島、伊豆半島、三浦半島から紀伊半島の太平洋岸に自生する植物で、
食用としては主に葉と茎を料理して食す野菜です。
また、夕方に葉を摘んでも明日には芽が出ると言われる通り、
強くて成長の早い植物としても有名な野菜です。

 

 

明日葉の特徴的な薬効

 

上記の通り、明日葉はその強い生命力から、さまざまな健康に対する効果が言われています。
たとえば、豊富な
食物繊維を含有していることから、
苦しい、ぽっこりした張りにもってこいだったりします。

 

また、明日葉には注目の栄養成分であるカルコンやクマリンというものが含まれます。
この
カルコンはポリフェノールの一種で、
明日葉にしか含まれない希少な栄養素です。

 

 

明日葉に含まれるカルコン

 

この明日葉にしか含まれないカルコンですが、
さまざまな効果が期待される素晴らしい栄養素なのです。

 

これらを考えてみると、明日葉は健康維持にとても役立つ植物であると言えます。

 

 

⇒明日葉青汁ランキングはこちら

 


 

 

明日葉人気No.1 イチオシの青汁はこちら ≪極の青汁≫

 

極の青汁

 

 

 

関連記事をチェック →明日葉の青汁ランキング

 ⇒青汁ランキングはこちら     ⇒青汁体験レビューはこちら     ⇒人気の原材料の効果は?

当サイトで読まれている人気記事

青汁おすすめランキング

 

青汁座談会 10人で青汁9種を飲み比べました

 

生活習慣病予防に効く青汁比較

 


このページの先頭へ戻る